2017年9月27日水曜日



影はいつも私についてくる。
どこに行こうとしても足下にぴったりくっついて、離れない。
陽が当たれば当たるほど、影はくっきりと落ちる。
私が曇りにつつまれる曇天のような日は影は落ちないが、
私自身が翳りを引き受けているようにも思える。



試しに走ってみるなんて幼稚なことをしてみて、
影から逃げようとしてもまるでダメだ。
走り終わって足下を見れば、澄ました色をして、ぴったりと私と共にある。

心理学的に影はシャドウとして広く知れている。
その概念についてもこの現象となぞらえらるところが多々ある。
影を失うことは私の死を意味する。
影踏みという遊びについてもその内奥を知ると、なかなか意味の濃ゆい遊びとなる。
遊ぶだけなら知らない方がいいかも。

いつだって影がくっついてくるもんだから、
私と交流したがっているし、私に認めて欲しい、と言っているように感じる。
でも私はまだ認めない。
おそらくそうやって後回しにしていると、
出来事として拗ねに拗ねた影を引き受けるときがやってくるんだろうか。




日本色彩心理学研究所開催
[10月色彩心理学講座]

▪️10/14.公開授業「悩みと色彩/ 悩みやコンプレックスと色」(本科A7理論)
(はじめの方対象)随時受講受付しています。


▪️本科:A7『悩みと色彩〜悩みやコンプレックスへの色の作用/2つの見方〜/アナリティカル・カラー』
(受講予約受付中)初めての方はコース受講のお申し込み手続き完了後、ご予約いただけます。

▪️本科:A8『青の本質への接近〜青の特性とその誕生・分極性〜』
(受講予約受付中)初めての方はコース受講のお申し込み手続き完了後、ご予約いただけます。